オゾンパーマはどれくらい持つのか?

答え=40日前後です!

と言っても髪質、髪の状態、ヘアスタイルによって違います。

ではなぜオゾンパーマは40日という答えがあるのか。大きく分けて2つの理由があります。

まず1つ目の理由は、40日経つと髪が伸びて根元のパーマがかかっていない部分が目立ち、髪が立ち上がらずボリュームが無くなるからです。


パーマをかけたての状態はこのように根本からの立ち上がりがしっかり付いています。


40日経つとこのように毛先にはまだウェーブがありますが、根元の伸びて来た部分にはパーマがかかっておらず立ち上がりが付きにくい状態です。

こうなると毎日のセットがしにくくなります。常に素敵なヘアスタイルでいるためには40日周期でオゾンパーマをかける事が必要です。

2つ目の理由は、オゾンパーマで入れた栄養は40日前後で流れ出てしまうからです。

オゾンパーマとはトリートメント感覚のパーマです。数種類もの栄養を補いながらかけるので、かけるほどに髪質が良くなります。なので栄養が流れ出てしまう前にかけると常に綺麗な状態を維持する事が出来ます。

普通パーマの持ちを考えた時にウェーブやカールの持ちをイメージすると思いますが、オゾンパーマの売りは【扱いやすさ】と【手触り】です。

この2つを考慮して、オゾンパーマの持ちは40日、言い換えるとオゾンパーマは40日周期でかけることをオススメしています。

私たち美容師の使命は【髪をキレイにする】事だと思います。更にリリスヘアーでは髪をキレイにする事でお客様に活力を与える事を最大の目的としています。常にキレイな状態でいて頂くためにオゾンパーマをオススメします!

パーマに苦手意識のある方、失敗した事のある方、ぜひ一度このオゾンパーマをお試し下さい!